TOP

クレーマークレームを顧客満足の向上に役立てていけるかは、企業の成功に大きく影響します。悪意あるクレーマーばかりがクローズアップされていますが、そのような悪意あるクレーマーさえもマネジメントしていけること、それがクレーム担当マネージャーに求められる能力です。

クレーマーを知る!」では、クレームクレーマーを経営資源にするために、以下のようなコンテンツを提供しています。

クレーマーと協力する

クレームクレーマーの処理と経営への反映させていくためのサイクル、悪意あるクレーマーへの対応の方法などを説明しています。

クレーマーを知る

クレーマークレーム対応の専門家の大前提、基本中の基本は「クレーマーは大切なお客様」です。企業のサバイバルに必須の要素を教えてくださる大切なお客様なのです。近年、悪質なクレーマーばかり注目を浴びていますが、そのような悪質なクレーマーは以前からおられました。彼らには彼ら専門の対応が必要です。クレーマーをどのように捉え、対応対策していくか、お客様対応の基本を説明します。

クレーム・セキュリティ

とかく世の中はクレーマークレーマーと苦情やクレーム寄せるお客様を悪者にしたがる傾向があります。このような見方はクレーム担当者が持ってはいけない先入観です。しかし、中には職業としてクレーマーをしている人もいるようです。会社、お店は継続して事業をしていかなければいけません。「店がつぶれて、クレーマー在り」では意味がありません。「セキュリティ」では、どのように事業を防衛していきながら、悪質クレーマーと対峙していくかを扱います。

クレームとメンタルヘルス

クレーム担当者も人間です。精神や肉体を壊してまでやることはありません。ストレスにさらされやすいクレーム担当者がどうしたらメンタルヘルスを維持しながら職務を果たすことができるかを探求します。

クレーマー対応・クレーム対策、苦情処理のマニュアル新着記事


経営の大切な資源であるクレーム、クレーマーをよく理解し、顧客満足度、そして従業員満足度の向上を目指します! クレーム対応・クレーム対策のマニュアルについて

経営の大切な資源であるクレーム、クレーマーをよく理解し、顧客満足度、そして従業員満足度の向上を目指します!

クレーム対応・クレーム対策のマニュアルは、あくまで一般的な知識であり、事情によって異なる見解があるかもしれません。不明な点がある場合は専門家の見解を得てください。ご利用の際は自己責任でお願いいたします。

クレーム対応・クレーム対策のマニュアル経営の大切な資源であるクレーム、クレーマーをよく理解し、顧客満足度、そして従業員満足度の向上を目指します!についてのご質問・お問合せ

お名前

メールアドレス

件名

お問合せ内容